WordPress│特定のページだけjQueryを読み込む方法

高速化において表示の遅延要素となりうるjQuery

どうしても特定のページ等で使いたいと言うことがありますよね。

実際にトップページだけでどうしてもjQueryを使いたい個所がありましたので、

指定のページだけjQueryを読み込ませてみました。

目次

著者

WEB制作をしているデジタルノマド
WordPressのカスタマイズが好きで、色々と自作しています。

WordPressのカスタマイズに困ったらご相談ください!

WordPressで特定のページだけjQueryを読み込む方法

WordPressで特定のページだけjQueryを読み込む方法は簡単です。

外観 > テーマエディタ > funtions.phpに下記のコードを挿入するだけです。

特定の投稿記事にjQueryを読み込む

特定の記事ページを指定した場合は下記のコードを参考にしてください。

※フックはwp_enqueue_scriptsでよいのですが、環境によっては読み込み順が遅くエラーが出たのでwp_headに記載しています。

function motoki_add_scripts(){
	  if ( is_single(array('23',35)) ) {
        wp_enqueue_script('jquery');
    }
}
add_action('wp_head','motoki_add_scripts');

トップページにjQueryを読み込む

function motoki_add_scripts(){
    if ( is_home() || is_front_page() ) {
        wp_enqueue_script('jquery');
    }
}
add_action('wp_head','motoki_add_scripts');

まとめ

できるだけjQueryを使わないテーマもありますが、カスタマイズする時は便利ですし、プラグインでも良く使われているので、どうしても使う場面がでてくることがあります。

そんな場合はピンポイントで読み込むと便利です。

ぜひ参考にしてみてください。

目次