WordPress│Cloudflareの使い方│CDN

CDNという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

Content Delivery Network(コンテンツデリバリーネットワーク)と呼ばれていて、

例えば画像や動画、コード等を別の専用サーバーに置いて、

サイトの表示を高速化したりサーバーのストレージ容量を節約できたりします。

今回はサイトページ全体をキャッシュする無料のCDNのCloudflare(クラウドフレア)をWordPressで使う検証をしてみましたので、その備忘録になります。

目次

著者

WEB制作をしながらカナダ留学をしているデジタルノマド
技術的なことが好きでWordPressのカスタマイズもいろいろ自作しています。

WordPressのカスタマイズに困ったらご相談ください!

CloudflareのCDNの設定方法

CloudflareのCDNの設定はそこまで難しくはありません。

  1. Cloudflareでサイトを登録。
  2. ドメインのネームサーバーを変更するだけです。

早速、画像付きで解説します。

Cloudflare側のアカウント登録

Cloudflareの公式サイトにアクセスして、サインアップからアカウントを作成しましょう。

Cloudflare側の設定

Cloudflareの管理画面が表示されるようになったら、サイトの設定をしていきます。

左メニューのWebサイトを選択。

CDNを適応したいサイトのドメイン(例:example.com)を入力して、サイトを追加ボタンを選択します。

サイトを登録後、料金プランが提示されます。

無料のFreeプランを選択しましょう。

DNS レコードを確認画面が表示されます。

確認して特に問題がなさそうであれば、そのまま続行ボタンを選択します。

最後に2つのネームサーバーの情報が表示されます。

2つともコピーしてメモしておきましょう。

完了しましたボタンはネームサーバーの設定後に押します。

ネームサーバーの変更設定

ドメインを管理しているサービスにアクセスします。

お名前やムームードメイン、そしてGoogleドメイン等が代表的なサービスだと思います。

今回はGoogleドメインでネームサーバーを変更しています。

  1. Googleドメインの管理画面で左メニューからDNSを選択
  2. カスタムネームサーバーのタブを開いて、さきほどコピーした2つのネームサーバーに差し替えます。

以上でCDNの設定が完了です。

Cloudflare側の追加設定

Cloudflareのサイトに戻ります。

先ほどの設定画面から、完了しましたボタンを押しましょう。

クイックスタートガイドという画面が表示されます。

ここで最終設定をします。

設定内容は簡単です。

すべての項目にチェックを入れましょう。

以上で設定が完了です。

Cloudflareの確認画面

Cloudflareの管理画面から

左メニューのWebサイト>ドメインを選択すると、

CDNを設定したサイト事にCDNの状態やアナリティクス分析ができます。

ちなみに10分ほど経過しましたら、新規で登録したサイトのCDNステータスの状態が、

ネームサーバーの更新 → アクティブになりました。

アクティブになればCDNが動作している証明になります。

まとめ

本記事ではCDNサービスのCloudflareを設定してみました。

設定は非常に簡単です。

海外サイトを運用する時は有効だと思いますので、是非試してみてください。

しかもCloudflareは設定後にPV数が上がるという現象が起きました。(キャッシュヒット効果?)

原因が分かりましたら追記します。

ちなみに高速化の効果を高めるだけであれば、画像特化のCDNのCloudinaryの方がおすすめです。

次に読んで欲しい記事

全記事一覧

カスタマイズの依頼・相談

目次