10分で作成!無料の検索順位チェックツールの作成方法│Looker Studio

今までブログを書いていく中で、様々な検索順位チェックツールを使ってきました。

使用してきた検索順位チェックツール
  • GRC
  • Rank Tracker
  • ノビリスタ
  • Serposcope
  • Semrush

どのツールも利点があるのですが、維持費がかかるのとデータの正確性、カスタマイズ性が弱いのが気になってました。

Googleの順位の計測データで言うとGoogleのサーチコンソールが一番正確です。

そこでGoogleのサーチコンソールのデータと連携してグラフが作成できるGoogleのLooker Studioで、簡単な検索順位チェックツールを作成してみました。

本記事はその備忘録です。

目次

著者

WEB制作をしているデジタルノマド
WordPressのカスタマイズが好きで、色々と自作しています。

WordPressのカスタマイズに困ったらご相談ください!

Looker Studio使った検索順位チェックツールの作成方法

やり方は簡単です。

わかりやすく解説しているのでぜひ試していてください。

サーチコンソールに表示したいサイトのデータ(ドメイン所有権の確認済み)を計測しているのが前提条件です。

Looker Studioで新規レポートを作成する

下記のURLにアクセスして、空のレポートを作成しましょう。

サーチコンソールとの連携

新規レポートにアクセスすると読み込むデータの追加を促されます。

search consoleと検索して選択しましょう。

URLを選び、サイトのインプレッション、webを選びましょう。

表とグラフの期間グラフの設定

表が作成されるので、設定していきましょう。

  • ディメンション ⇨ Queryを選択
  • 指標 ⇨ ImpressionsとAverage Positionを選択
  • デフォルトの日付範囲は過去30日間に
  • クロス フィリタリングにチェック

キーワードと表示数、平均順位のデータが表示されました。

続いて、期間グラフを作成します。

上部メニューから挿入、期間グラフを選びます。

  • 内訳ディメンションでQueryを選択
  • 指標はAvarage Positionを選択
  • デフォルトの日付範囲は過去30日間に
  • クロス フィリタリングにチェック

グラフが表示されました。

最後に表とテーブルを連動しているか確認します。

クロスフィルタリングにチェックが入っていれば、キーワードを選択するとグラフが動的に変化します。

以上で簡易の検索順位チェックツールが出来上がりです!

今は無骨な見た目ですが、Looker Studioは見た目やラベルも細かくカスタマイズできるので、色々カスタマイズすることをおすすめします。

まとめ

サーチコンソールのデータをLooker Studioで整形すれば、無料でカスタマイズ性の高い、検索順位に正確な検索順位チェックツールが完成します。

もちろんアナリティクスなどにも連動できますので、オリジナルのサイト分析ツールが無料で作成できるので、ぜひ試してみてください。

目次