WordPress│本文に特定のURLがある場合に文言を表示するカスタマイズ│PR表記

本記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

2023年10月施行の景品表示法(ステマ規制)の対策として、

本文に特定のURLのリンクがある場合はPRの文言を表示するのが良いですよね。

全ての記事に表示するのが一番簡単ですが、必要な記事だけに出しわけしたい場合もあると思います。

ということで、管理画面でURLとHTMLを記載して、本文に該当する文言があれば、冒頭に文言を表示するようにしてみました。

サンプル

管理画面ページ

実際の出力結果

本記事では本文に特定のURLがある場合に文言を表示するカスタマイズ方法を紹介します。

目次

著者

WEB制作をしているデジタルノマド
WordPressのカスタマイズが好きで、色々と自作しています。

WordPressのカスタマイズに困ったらご相談ください!

WordPressで本文に特定のURLがある場合に文言を表示するカスタマイズ

やり方は簡単です。

functions.phpにコードを記載して、専用の管理画面ページで設定するだけです。

functions.php

外観 > テーマエディタ >functions.phpに下記のコードを記載します。

エラーが怖い場合はCode Snippetsのプラグインを入れてその中にfunctions.phpのコードを記載しましょう。

function pr_custom_theme_menu() {
    add_options_page(
        '広告表記設定',
        '広告表記設定',
        'manage_options',
        'pr-theme-settings',
        'pr_theme_settings_page'
    );
}
add_action('admin_menu', 'pr_custom_theme_menu');

function pr_theme_settings_page() {
    ?>
    <div class="wrap">
        <h2>広告表記設定</h2>
        <form method="post" action="">
            <?php
            wp_nonce_field('pr_theme_settings_save', 'pr_theme_settings_nonce');
            $urls = esc_attr(get_option('pr_urls', ''));
            $html = esc_attr(get_option('pr_html', ''));
            ?>
            <table class="form-table">
                <tr valign="top">
                    <th scope="row">URLs</th>
                    <td><input type="text" name="pr_urls" value="<?php echo $urls; ?>" size="100"></td>
                </tr>
                <tr valign="top">
                    <th scope="row">カスタムHTML</th>
                    <td><textarea name="pr_html" rows="10" cols="100"><?php echo $html; ?></textarea></td>
                </tr>
            </table>
            <?php submit_button(); ?>
        </form>
    </div>
    <?php
}

function pr_save_theme_settings() {
    if (isset($_POST['pr_theme_settings_nonce']) && wp_verify_nonce($_POST['pr_theme_settings_nonce'], 'pr_theme_settings_save')) {
        if (current_user_can('manage_options')) {
            if (isset($_POST['pr_urls'])) {
                update_option('pr_urls', sanitize_text_field(stripslashes($_POST['pr_urls'])));
            }
            if (isset($_POST['pr_html'])) {
                update_option('pr_html', stripslashes($_POST['pr_html']));
            }
        }
    }
}
add_action('admin_init', 'pr_save_theme_settings');

function pr_add_custom_html($content) {
    $custom_urls = explode(',', get_option('pr_urls'));
    foreach ($custom_urls as $url) {
        $trimmed_url = trim($url);
        if (!empty($trimmed_url) && strpos($content, $trimmed_url) !== false) {
            $content = get_option('pr_html') . $content;
            break;
        }
    }
    return $content;
}
add_filter('the_content', 'pr_add_custom_html');

管理画面の設定

上記のコードを保存して、管理画面を更新すると

設定 > 広告表示設定という項目が表示されますので、その画面を開きます。

URLsには対象のURLを記載します。

複数対応も可能です、URLをカンマで区切って入力しましょう。

https://www.amazon.co.jp/, https://px.a8.net/

カスタムHTMLには記事冒頭に表示したい文言を表記します。

<p class="is-style-icon_pen">本記事ではアフィリエイト広告を利用しています。</p>

設定は、以上です。

確認

あとはURLが記載されている記事を開いてみましょう。

しっかり冒頭に文言が表示されていました。

もちろんURLの記載のない記事には表示されません。

まとめ

2023年10月施行の景品表示法(ステマ規制)が10月に施行されますので、アフィリエイトをしている人はちゃんと表記しておきましょう。

ぜひこのカスタマイズも参考にしてみてください。

この記事にも表記されるようにAmazonのリンクを記載しております。

ちなみにSEOライティングでおすすめできる書籍です。

著:マクリン(新井涼太), 著:サンツォ(吉岡智将)
¥2,156 (2024/05/19 07:54時点 | Amazon調べ)

Web制作のご依頼

SEOからデザインまで魅力的なWebサイトを制作いたします。

目次