WordPress│カスタムタクソノミーの名前(スラッグ)を変更する方法│SQLの文字置換

カスタム投稿タイプやカスタムタクソノミーを作成する時に、Custom Post Type UIのプラグインであれば安全に登録できます。

「ほかのタクソノミースラッグを指定してください。 type は既に登録されています。」と警告が表示されます。

しかしテーマ側の機能(functions.phpのコード)を使って上書きしてしまうと、予約語と呼ばれるWordPressで使用されている用語を上書きしてしまう可能性があります。

テーマの移行時にそのまま予約語を使ってカスタムタクソノミーを引き継ぐのは良くないので、カスタム投稿タイプやカスタムタクソノミーの名称を変更してみました。

本記事はその備忘録です。

目次

著者

WEB制作をしているデジタルノマド
WordPressのカスタマイズが好きで、色々と自作しています。

WordPressのカスタマイズに困ったらご相談ください!

WordPressの予約語一覧

カスタムタクソノミーを登録する際に、以下の単語は使わないようにしましょう。

  • attachment
  • attachment_id
  • author
  • author_name
  • calendar
  • cat
  • category
  • category__and
  • category__in
  • category__not_in
  • category_name
  • comments_per_page
  • comments_popup
  • cpage
  • customize_messenger_channel
  • customized
  • day
  • debug
  • error
  • exact
  • feed
  • fields
  • hour
  • link_category
  • m
  • minute
  • monthnum
  • more
  • name
  • nav_menu
  • nonce
  • nopaging
  • offset
  • order
  • orderby
  • p
  • page
  • page_id
  • paged
  • pagename
  • pb
  • perm
  • post
  • post__in
  • post__not_in
  • post_format
  • post_mime_type
  • post_status
  • post_tag
  • post_type
  • posts
  • posts_per_archive_page
  • posts_per_page
  • preview
  • robots
  • s
  • search
  • second
  • sentence
  • showposts
  • static
  • subpost
  • subpost_id
  • tag
  • tag__and
  • tag__in
  • tag__not_in
  • tag_id
  • tag_slug__and
  • tag_slug__in
  • taxonomy
  • tb
  • term
  • theme
  • type
  • w
  • withcomments
  • withoutcomments
  • year

カスタムタクソノミーの名称を変更する方法

やり方は簡単です。データベースにて文字置換するだけです。

データベースにアクセス

レンタルサーバーごとにアクセス方法が異なると思います

今回はphpMyAdminにアクセスしました。

データベースへのアクセスするためのユーザー名やパスワード等はwp-config.phpを調べるとわかります。またはサーバー内で調べます。

wp_termsのアクセス

カスタムタクソノミーであればwp_termsという場所にデータが記載されています。

以下、続きは有料コンテンツです。

目次