SWELL│カテゴリーページのブログカード(内部)を作成する方法

swell-category-blog-card

SWELLの関連記事ブロックでのブログカード(内部)は投稿記事や固定記事でしか生成されません。

カテゴリページや著者ページ、タグページをブログパーツで記事化した時のブログカード(内部)を作りたい時がありますよね?

特にトピッククラスター構造にしたい場合には、カテゴリページを記事化してピラーコンテンツとして内部リンクを貼りたいとおもいます。

本記事ではカテゴリーページのブログカード(内部)を作成する方法と別案の応用例も紹介します。

目次

SWELLでカテゴリーページのブログカード(内部)を作成する方法

作成方法は簡単です、HTMLを手打ちするだけです。

記事編集画面でカスタム HTMLのブロックを表示して下記のコードを入力しましょう。

編集箇所は4か所です、★の箇所を自身で変更をしましょう。

よく使いまわす場合は、ブログパーツ化することをおすすめします。

<div class="swell-block-postLink" data-style="card">
  <div class="p-blogCard -internal" data-type="type1" data-onclick="clickLink">
    <div class="p-blogCard__inner">
      <span class="p-blogCard__caption">あわせて読みたい</span>
      <div class="p-blogCard__thumb c-postThumb">
        <figure class="c-postThumb__figure">
          <img src="★画像URL" alt="" class="c-postThumb__img u-obf-cover" width="320" height="180"/>
        </figure>
      </div>
      <div class="p-blogCard__body">
        <a class="p-blogCard__title" href="★記事のURL">★記事タイトル</a>
        <span class="p-blogCard__excerpt">★記事のディスクリプション</span>
      </div>
    </div>
  </div>
</div>

ちなみに2行目のdata-type="type1"data-type="type2"data-type="type3"にするとブログカードの計3種類のデザインに変更できます。

カテゴリページのブログカード(内部)を生成する方法

別案も紹介します。

やり方は記事化したカテゴリページと同じ内容の固定記事を作成、リダイレクトをかけて、カテゴリページに飛ばしてやるという方法です。

①まずは固定記事でカテゴリページを同じ内容の記事を作成します。

※カテゴリー用のブログパーツを固定記事にも反映させてもOK

②作成した固定記事からカテゴリページへ303のリダイレクトをかけます。

※Redirectionのプラグインを推奨

以上で、作成した固定記事のIDをいれるとブログパーツを生成できるようになります

まとめ

本記事ではカテゴリーページのブログカード(内部)を作成する方法について書きました。

トピッククラスター構造にする場合、ピラーコンテンツにあたる記事はカテゴリページになると思います。

その場合にブログカードを使って内部リンクを入りたい時は、是非本記事のカスタマイズを参考にしてください。

SWELLカスタマイズ全まとめ

SWELLに関連するカスタマイズ記事を全てまとめました。

是非チェックしてみてください。

contact

お問い合わせ

WordPressの技術的なお悩みやご要望がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

もちろんデザインに関することも相談できます。

  • 見た目の調整エラー相談その他技術に関する相談をしたい
  • 絞り込み検索オリジナルのブロックを作りたい
  • SEO内部施策構造化データの設定を依頼したい
  • サイトの高速化を診断・依頼したい
  • トップページデザインを依頼したい

この記事を書いた人

すいみんのアバター すいみん テクニカルアーティスト

カナダ在住のテクニカルアーティスト。
大学ではアート(油画)を専攻。卒業後はアニメ・映画・映像・ゲーム業界で、2Dから3DCG、ゲームエンジン、WEB制作まで幅広いコンテンツ制作の経験を積んでいます。デザイナーとエンジニアの中間のポジションでお仕事をするのが得意。

目次
閉じる